新型コロナウィルス
(COVID-19)・医療

防災情報

2024.07.10NEW

[長岡市]【防災情報】土砂災害にご注意ください(7月10日)

1 土砂災害に注意しましょう
これまでの雨により地盤が緩くなっており、土砂災害が発生する危険性があります。
土砂災害の発生に注意し、危険な兆候があるときはすぐに避難してください。
自宅では、上の階で山側とは反対の部屋で過ごすようにしてください。
また、土砂災害ハザードマップでお住まいの地域の危険性を確認してください。

[危険な兆候について]
土砂災害の発生について、次のような兆候がある場合は土砂災害の危険が迫っています。
(危険な兆候の例)
①長雨や急な大雨があったとき
②川の水、井戸水、湧き水の量が変化したり濁りだしたりしたとき
③土地に亀裂が生じたとき
④急な斜面やがけから小石がパラパラ落ちてきたとき
⑤山全体がうなっているような音がするとき

[土砂災害ハザードマップについて]
土砂災害の危険性のある場所はこちらをご確認ください。
http://www.bousai.city.nagaoka.niigata.jp.cache.yimg.jp/hazard-map/sediment-disaster.html

[土砂災害の危険度分布について]
気象庁キキクル(危険度分布)
https://www.jma.go.jp/bosai/risk/#lat:37.448424/lon:138.861694/zoom:11/colordepth:normal/elements:land

2 気象情報
新潟地方気象台から、次のとおり大雨に関する情報が発表されましたので、ご注意ください。

下越、中越、佐渡では、11日朝にかけて土砂災害に警戒してください。下越、中越、上越では、11日夜遅くにかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。新潟県では、11日夕方にかけて落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。

[気象概況]
 梅雨前線が華中から日本海を通って北日本にのびており、前線上の低気圧が日本海を東北東へ進んでいます。低気圧は11日にかけて日本海から北日本へ進み、11日は前線が北陸地方を南下する見込みです。
 前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでおり、新潟県では11日夕方にかけて大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。このため雷を伴って激しい雨が降り、警報級の大雨となる所があるでしょう。
 これまでの雨や令和6年能登半島地震の影響により地盤の緩んでいる所があり、少ない雨量でも土砂災害の危険度が高まるおそれがあります。

[雨の予想]
10日に予想される1時間降水量は多い所で、
  下越 30ミリ
  中越 30ミリ
  上越 30ミリ
  佐渡 30ミリ
11日に予想される1時間降水量は多い所で、
  下越 40ミリ
  中越 40ミリ
  上越 40ミリ
  佐渡 40ミリ
10日18時から11日18時までに予想される24時間降水量は多い所で、
  下越 120ミリ
  中越 100ミリ
  上越 100ミリ
  佐渡 100ミリ

[防災事項]
 下越、中越、佐渡では、11日朝にかけて土砂災害に警戒してください。下越、中越、上越では、11日夜遅くにかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。
 新潟県では、11日夕方にかけて落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。ひょうの降るおそれもありますので、農作物等の管理にも注意してください。

【気象庁HP】
〇気象情報
https://www.jma.go.jp/bosai/information/#area_type=offices&format=table&area_code=150000

<担当>長岡市役所危機管理防災本部

送信元:ながおかDメールプラス(nagaoka-city@raiden.ktaiwork.jp)

PAGE TOP